安全性への取り組み

安全性への取り組み

業界に先駆けて、
いち早く「ISO22000」を取得

HACCP管理を容易にする工場施設

高德は、HACCP管理を容易にする、ゾーニングされた工場で生産しています。原料の入荷から加工製造・出荷までのすべての工程において、ハザード分析に基づいた管理を行い、不適合製品の出荷を未然に防ぐシステムを充実させています。

従業員一人ひとりが食品安全を意識する態勢づくり

安全な水産加工品の提供へ、高德は「ISO22000認証」を取得しました。
取得する軌跡の中で、最も重視したのは、従業員一人ひとりが食品安全を実現する担い手として、自分で考え、行動し、日常的に食品安全を考えた行為が当たり前になること。そのため自社独自のマニュアルを作成し、品質管理への指針や行動規定だけでなく、万が一のトラブル時にも対応できるよう、トレサビリティの徹底化による素早い対処法を明示しています。

クリーンな製造環境で徹底した温度管理を実現

工場内の衛生環境を守るため、入場する際には粘着ローラー掛けを行い、足洗い場(塩素プール)、手洗い場、エアシャワーを通過します。
工場内各所は独自の衛生基準のもと、徹底した衛生管理を行っています。食品安全を担保する際に、何より重要なのは温度管理です。そのため、製造区域ごとに「チルド冷蔵室」を完備。原料の解凍から加工・出荷までの全工程で、細菌の増殖を制御、商品の味と品質保持に努めています。さらに、工場内各所の温度は、24時間体制でコンピュータによるモニタリング管理を行っています。

業務用水産加工品のご相談はお任せください0225-98-4881受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

メールでのお問い合わせはこちら